愚者の仮面

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Top ▲

マゼンタの影も黒

2016/07/13 16:24

 誰でもない僕は、何でもない街を撮る。

 なんでもないありふれた街。
 駅があって、コンビニがあって、スクランブル交差点があって、シンプルな外灯が等間隔に建っていて、スーツ姿の男性が歩いて、着飾った女の子がまとまって歩く、そういうありふれた街。
 栄えていないわけじゃないけど都会でもなくて、田舎でもなくて。
 そういう中途半端な、当たり前にある、街。

 若い女の子たちは、流行りなのか同じ髪色に似たような服を着て、同じように笑い顔を張り付けて、同じような甲高い声で笑う。
 サラリーマンたちは、くたびれたスーツを着て、どこか疲れたような表情で駅へと重い足取りで歩いていく。
 隙間を埋めるように、同一の制服を着た少年少女たち。

 いつもの、風景。

 それをカメラに収める。
 収めて、出す。
 プリンターが吐き出す、シアン、マゼンタ、イエローのなれの果てにして。

 僕は、そこに当たり前のありふれたものを記録していく。

 おかげでこの数年分のアルバムには、映る人は違えど同じような写真ばかりが並んでいる。
 変わらない街を見て、変わらない僕を肯定する。
 何でもない僕に、安心している。

 だから、今日も僕は僕を安心させるために、何でもない街を撮る。

 街角に立って、いつものように三脚を立てる。
 誰も、僕に目もくれない。それでいい。それが、いつものこと。
 高さを合わせて準備完了。

 あとはただ、いつもと同じ時間にシャッターをきるだけ。

 15:00。
 ひとりの少女がレンズを横切る。
 茶色に染めた髪の毛に、ベージュのカバンをもって、明るい花柄のチュニックが眩しい、普通の少女。

 15:15。
 双子がこっちに向かって歩いてくる。
 80分の1の確率で生まれた彼らも、ジーパンにTシャツというありふれた格好で、同じ顔で歩いていく。

 15:30。
 サラリーマンがぞろぞろと歩いていく。
 重そうな鞄を抱えて、ネクタイを緩めた疲れた足取りで駅へと人並みに揉まれ、消えていく。

 15:45。
 高校生のカップルが仲睦まじく笑顔を向けてくる。
 短いスカートと緩ませたネクタイが若い、まだ幼い可愛らしい笑顔で無邪気にピースサインを向けてくる。

 16:00。
 鮮烈なマゼンタがよぎる。

 見慣れない色に思わず固まる。
 ひとまず今日最後のシャッターを切って、それから肉眼で彼女の姿を視認する。

 くるくると巻いたつややかな黒髪を高く二つに結い上げて、首元まで届く長いリボンが揺れる。
 過剰なフリルに膨らんだ胸元、馬鹿みたいな大きさのマゼンタのリボン。
 膨らむスカートも鮮烈な紅色を示して、黒と白のボーダーもマゼンタの下から自分を主張する。
 真っ白なタイツに包まれた足先にも赤い靴が踊っていて、僕へとただただ鮮烈な印象を魅せつけていた。
 
 マゼンタ色した見慣れない少女。
 当たり前に続いていた3年の一時間が壊れる、当たり前じゃない存在。
 彼女は自分に向けられる視線を意にも介さず、ありふれた街を壊しながら歩いていく。

 いつもの光景が揺らぐ。
 マゼンタの影が、視界から消える。

 そして、いつもの光景が戻る。

 それでも僕はしばらくのあいだ、そこから一歩も動けなかった。
 

 次の日。

 誰でもない僕は、今日も何でもない街を撮る。

 なんでもないありふれた街。
 駅があって、コンビニがあって、スクランブル交差点があって、シンプルな外灯が等間隔に建っていて、スーツ姿の男性が歩いて、着飾った女の子がまとまって歩く、そういうありふれた街。

 そして、それを壊す、何かを期待して街角に立つ。

 ありふれた僕を破壊してくれる、何かを。
 特別な、誰かを。

 今日もカメラを構える。
 いつもと同じく時間を見つめて、いつもとは違う期待を持って。

 今日も、ありふれた世界を見つめる。

 高さを調節しつつ覗くレンズ。
 その向こうを、同じ髪色に似たような服を着て、同じように笑い顔を張り付けて、同じような甲高い声で笑う少女たちが往く。

 その最後尾、肩口まで揺れる黒い巻き髪の少女が歩いている。

 前を行く彼女らと同じように何処かで見た服を着て、固い笑みを張り付けて、同じように高く笑い声をあげて、少女が往く。
 僕は茫然と、彼女を見送る。

 ――昨日、あんなに鮮烈なマゼンタ色していた彼女は、ありふれた格好でありふれた雑踏へと消えていった。

 15:01。
 いつもと違う時間が刻まれた写真には、いつもと変わらない景色が写っていた。


   了
スポンサーサイト
Top ▲

comment

comment

comment form

Passのない投稿は編集できません

Trackback

Trackback URL :
http://thefoolpersona.blog136.fc2.com/tb.php/212-624e5c7c

Copyright (c) 愚者の仮面 All Rights Reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。