愚者の仮面

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Top ▲

終わりと始まり

2013/01/01 12:00

 写真立てを前に、少年が薄く微笑んだ。

 月明かりが仄か照らす暗い室内で、彼は写真の中で笑う少女を見つめている。

「今年は雪が降ったよ。いつもより寒い年だった」

 ぽつぽつと語るのは今年の思い出。
 彼女がいなかった日々のこと。

「それと流れ星が見れたな。今年は綺麗に晴れてて。君にも見せたかった」

 本当に綺麗だったんだよ、と。

 そう語る声は穏やかだ。
 彼女の不在、それでも日々を生きた少年の声はただ静かで。

 海を前に微笑む少女を、恋い焦がれるように冷たい指先で撫でた。

「まだ君のところには行けないけど、頑張るから待っててね」

 時計の針が二本揃って頂上を示す。
 ……君のいない一年を、また始めていく。

「あけましておめでとう」
スポンサーサイト
Top ▲

comment

comment

新年早々涙目になりました。。

良い話でした!! 最果ての覇王さんはこういうのに弱いんです!!←知らんww

では!!

投稿日
2013/01/01
投稿者
最果ての覇王
URL
URL
コメントの編集
Edit
Re: タイトルなし

>最果ての覇王さん
明けましておめでとうございます。
何故か新年早々しんみりする話でスタートしました(苦笑)

明るく始まる正月も良いですが、昨年に思いを馳せながら、というのも良いかと思ったもので‥‥‥

本年も宜しくお願い致します。

投稿日
2013/01/03
投稿者
有里馨
URL
URL
コメントの編集
Edit

comment form

Passのない投稿は編集できません

Trackback

Trackback URL :
http://thefoolpersona.blog136.fc2.com/tb.php/181-05e5c6e4

Copyright (c) 愚者の仮面 All Rights Reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。