愚者の仮面

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Top ▲

堰き侘ぶ

2012/10/25 21:55

 声が出ない。

「あー、こりゃ完全に喉腫れてんな」
「あのね、ごほっ」
「こら、無理に話そうとすんな」

 唇から零れるのはひゅーという息の音。
 声を出そうとすれば、咳が言葉を阻害する。

 今日は彼に言いたいことがあった。
 だから、体育館裏に呼び出したというのに、これではなんの意味もない。

 まさか緊張で寝つけなかった報いがここでくるとは……

「話ならいつでも聞くからさ。今日は止めとこうぜ?」
「でも、ごほっ」
「ほら、無理だよ。なっ?」

 ああ、情けない。
 たった一言、ただそれだけのために呼び出したのに、その言葉すら伝えられない。

 それでも、言葉じゃなくても。

「……あのね」
「ん?」

 彼の耳元に唇を寄せる。

 その赤い耳に口づけをひとつ落とすために。
スポンサーサイト
Top ▲

comment

comment

comment form

Passのない投稿は編集できません

Trackback

Trackback URL :
http://thefoolpersona.blog136.fc2.com/tb.php/170-928a4d13

Copyright (c) 愚者の仮面 All Rights Reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。