愚者の仮面

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Top ▲

その場所で

2012/08/21 21:58

 桜が舞う。

 舞い落ちるのは花びら。
 そして、植えたものの想い。
 
 想いの込められた薄紅の花が落ちる。

 それは丘の上にぽつん、と根を張る桜の木から落ちた。

 独り寂しく立ち続ける桜の木。
 近くに人の気配はなく、この丘に訪れるものもいない。

 この樹はある女性を思って植えられたものだ。
 植えたのは名もなき男。
 
 誰とも知れぬ白い衣の美しい女に、彼は恋をしたのだという。

 彼女が現れたのはある春の夜で、白い着物を華奢なその身に纏っていた。
 長い黒髪に、艶めく桜色の唇が色っぽい女だった。
 その薄紅の唇から紡がれるのは美しい歌声。

 もう此処へはこないから、と、たった一度だけだから、と彼女は涼やかな旋律を彼のために鳴らした。

 そして、追い縋る男の目の前でさらりと笑って、桜の花びら一つ残して消えたという。

 彼の話を聞いた人々は、それは一夜限りの夢だと、幽霊にでも唆されたのだと笑ったが、しかし彼はそれでもその場所へ通うことを止めなかったらしい。

 毎日毎日、飽きもせず夜になれば人気のない丘へと赴く。

 純愛と言えば聞こえはいい。
 しかし、名前も知らない、どこの馬の骨とも知らぬ女に逢うために、毎夜毎夜丘へと出掛けていく彼の姿は人々の目には異様に映った。
 
 それでもやまぬ恋慕。
 尽きることのない、女への想い。

 その理由は分からない。
 これほど執着するには彼は彼女のことを知らな過ぎる。

 けれど、理屈ではない何かが彼を突き動かしていたのは確かだ。

 やがて、彼はなかなか訪れぬ彼女を待ち、夜に限らず昼にも丘を訪れるようになっていた。
 それは段々と長くなり、遂には1日中あの丘で待ち続けるようになる。
 
 それでも来てはくれない待ち人。

 1年が経って、まだ諦めがつかない彼はそこに桜の苗木を植えた。
 彼女がまたこの場所に来てくれるように祈って、目印に桜を置いた。

 桜のような彼女が、再びこの場所へ来るように。
 ただそれだけを祈って、薄紅の木を植えた。
 
 しかし、結局彼女が其処を訪れることは終ぞ無かった。

 彼は40の齢を数える頃、寂しさ潜む秋の夜、丘の上で狂い咲く桜の下で静かに息を引き取ったと言われている。

 今も尚、忘れ去られた桜の元に人が訪れることはない。
 そんな桜の下には今でも消えぬ男の足跡が遺されている。
 
スポンサーサイト
Top ▲

comment

comment

comment form

Passのない投稿は編集できません

Trackback

Trackback URL :
http://thefoolpersona.blog136.fc2.com/tb.php/163-b46e2f53

Copyright (c) 愚者の仮面 All Rights Reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。